マキシマムマッスルのメリット・デメリットは?

一般的な男なら誰もが男らしいカラダに憧れますよね。男らしいというのは、細マッチョだったりゴリマッチョだったり…。希望する体型の違いはあれど、憧れる体型として共通するのはどれも「筋肉」がついているカラダということになります。
身体が大きい人の場合、だるんだるんにたるんだ身体よりも筋肉がしっかりとついたがっしり系の身体の方が良いと思うでしょうし、細身の人でもガリガリのヒョロヒョロな身体より、細くてもしっかりと筋肉のついている細マッチョな方が自分に自信もつきますし女性にもモテると思います。
しかし、筋肉というのは何もしていなければ当然つくことはありません。筋肉をつけようと思うのであれば日頃から身体の筋肉を使った仕事をするか、自分が自由に使える時間に筋トレをするしかありません。
ただ、筋トレというのは楽ではないですし、しっかりとした身体を作ろうと思うのであれば厳しいトレーニングを日頃から継続して行わければなりません。
これって簡単なようで結構難しいですよね(汗)
たくましい身体を手に入れようとするも、この筋トレを継続して行うということが難しく途中で挫折してしまう人も多いかと思います。

しかし!
マキシマムマッスルは身体を効果的に着圧し、日常的な動作で筋トレに近い効果を得ることができるので、わざわざ筋トレをしている感覚が少なく、継続しやすいので身体を作りやすいです。
さらにこれを着て筋トレをすれば通常の筋トレよりもたくさんの効果を得ることができるので、日頃から筋トレをしていてもなかなか理想的な身体にならない…という人にもかなりオススメできる加圧シャツです。

そんな良いことづくめな加圧シャツであるマキシマムマッスルですが、本当にメリットばかりなのでしょうか?
着用する上で気になるデメリットなどがあるのかどうか、それを調べてみました!

 
>>マキシマムマッスルの詳細はこちら

マキシマムマッスルを着ることによるデメリット



マキシマムマッスルは加圧シャツです。この加圧シャツは「加圧トレーニング」というトレーニング方法を応用したものですので、加圧トレーニングのデメリットについてまず見ていきたいと思います。

 

加圧トレーニングのデメリットとは?


加圧トレーニングとは血流を制限し成長ホルモンの分泌を促して筋肉の成長を促すためのトレーニングです。
これは血流を意図的に制限するので、身体の循環器系に普段よりも大きい負担がかかることになります。これは専門家の指導の下に行えば大きな危険を回避することができるのですが、知識があまりにない状態、つまり自己流で間違った加圧トレーニングを行ってしまうと以下の症状が現れます。

・吐き気
・しびれ
・細胞の壊死
・めまい
・脳梗塞
・皮下出血
・血栓
・心筋梗塞

以上のように、命に関わる症状が起きる可能性が非常に高いです。
加圧トレーニングは効果的に筋肉を作ることができますが、一方で自己流で行うと大変危険なトレーニングなので一人では絶対に行わないようにして下さい。

(参考:http://nolovenoteam.com/pressurization-training-2538.html
 

加圧トレーニングの危険性が高まる要因


加圧トレーニングによて身体への危険性が高まる要因は、加圧器具を使った上で主に

・過度な加圧
・高負荷のトレーニング
・長時間の加圧

が挙げられます。

 

加圧トレーニングの費用が高い



これは加圧トレーニングの内容自体には直接関係するものではありませんが、加圧トレーニングはまだまだ特殊なトレーニング、という分類になるため加圧トレーニングを取り扱っている場所が一般的なジムに比べてまだ少なく、お値段も少々高めに設定されています。
週に1回、月に4回程度のコースでは一般的には20000円前後、月に8回程度のコースだと40000円程度です。
トレーニングは継続してこそ意味があるので、この出費が毎月かかるとなると少し敷居が高い印象です。

 

マキシマムマッスルには加圧トレーニングが危険となる要因が無い


加圧トレーニングの効果を応用した、マキシマムマッスルをはじめとした加圧シャツですが、加圧トレーニングで起きる可能性のある危険がほぼ無いと言えます。

まず、マキシマムマッスルは身体に対して過度な加圧・負荷を与えません。
身体に対して着圧によって加圧しますが、加圧トレーニングで感じる苦しいほどの加圧ではなく、筋肉に沿って重要な部分を効果的に圧力をかけます。ですので加圧シャツは24時間着ても大丈夫なんです。ですので、マキシマムマッスルを着ることによる「過度な加圧」を受けることはありません。

次に高負荷のトレーニングによる危険性ですが、前述したようにマキシマムマッスルは身体に過度な加圧を加えません。なのでマキシマムマッスルを着たまま筋トレをしても身体に対してきつい加圧がかかるわけではなく、逆に効果的に筋トレを行うことができます。ですのでマキシマムマッスルを着たことによる高負荷は起きないので、高負荷のトレーニングにより危険性も無いと言えます。

最後に長時間の加圧についてですが、加圧トレーニングは血流を制限するので長時間続けると血が身体に行き渡らなくなりかなり危険です。
しかしマキシマムマッスルは大量の血液を制限するほどの加圧はしないので、長時間着ても問題ありません。むしろ、マキシマムマッスルはプライベートはもちろん、通勤時や仕事中、就寝時まで24時間着ても問題ないように設計・製造されています。加圧トレーニングは長時間行うと命の危険がありますが、加圧シャツであるマキシマムマッスルは長時間着用することにより効果を得やすくなっています。

以上のことからマキシマムマッスルには加圧トレーニングで起こりうるデメリットは起こらないと言って良いと思います。

 

マキシマムマッスルにはデメリットは一切無い?



マキシマムマッスルは命に関わるようなデメリットは無いので安心して着用できる加圧シャツです。どうしても着圧が気になる…という方は、就寝時だけは脱ぐという風にすればさらに安心できるのではないかなと思います。
マキシマムマッスルのデメリットをあえて挙げるとすれば、効果を最大限に出すためには複数枚の用意が必要、ということくらいではないでしょうか。

マキシマムマッスルは加圧シャツに分類されるものです。
一枚を延々と着るということは可能ですが、やはり衛生面や精神的にもだんだんと汚れていくものを着ていてもあまり気持ちが良いものではありませんよね。
できれば仕事などの外出時、在宅時、就寝時と最低でも3枚に分けて使うのがベストではないでしょうか。

枚数が必要な分コストもかかってしまいますが、マキシマムマッスルの場合は複数購入に限り割引されるシステムがあり、また送料も無料になるので一枚で買うよりもお得になっています。
複数枚購入するにしても、加圧トレーニングの費用に比べると格段に安いのでかなりオススメです。

 
>>マキシマムマッスルの詳細はこちら

マキシマムマッスルのメリット・デメリット まとめ

今回は加圧トレーニングのデメリットに合わせてマキシマムマッスルのデメリットも見ていきました。
加圧トレーニングは自己流で行ってしまうと大変危険で命を落としかねません。一方、加圧トレーニングの要領を応用した加圧シャツであるマキシマムマッスルは、加圧トレーニングの技術を利用してはいるものの加圧トレーニングのような大きな圧力を身体にかけることがないので、命に関わる危険性がありません。

加圧トレーニングを受けてみたいけどなかなか踏み込めない、または加圧トレーニングを取り扱っているジムが自宅近辺に無い、という方はまずマキシマムマッスルを試してみてはどうでしょうか?

マキシマムマッスルの口コミはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です